理事・監事一覧 | JPEA(一般社団法人 日本プライベート・エクイティ協会)
Site Overlay

理事・監事一覧

会長・代表理事

飯沼 良介 IINUMA Ryosuke

アント・キャピタル・パートナーズ株式会社
代表取締役社長

1994年三菱商事入社。技術部、コンピュータ事業部にて海外ソフトウェアベンダーの国内市場開拓および国内事業立ち上げを担当。2001年当社入社。2012年当社取締役就任。2013年当社代表取締役就任。シーエーエー、チェッカーモータース(代表取締役)、ゴルフパートナー(取締役)、ミヤノ(現 シチズンマシナリー)、ウイルプラスホールディングス(取締役)、バリオセキュア・ネットワークス(現 バリオセキュア、取締役)、ジャパンバイクオークション、藤二誠(監査役)、Casa(取締役)、ムーンスター(取締役)、アップルワールド(取締役)、アロスワン(取締役)、ニューオークボ(取締役)、アミークス(取締役)、ソフトブレーン(取締役)、メック(監査役)、羅針(代表取締役)、ビーライン(取締役)等において投資実行およびハンズオン支援、Exit交渉を担当。主に投資先企業の経営管理体制整備と営業戦略構築面でのサポートを行う。また、バイアウトインベストメントグループのリーダーとして、グループ全体のオペレーションおよび投資活動を統括。慶應義塾大学商学部卒。

副会長・理事

廣本  裕一  HIROMOTO Yuichi

ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長

2010年、JIS1号ファンドの非常勤取締役メンバーとしてJISに参画。2016年からJIS2号ファンド責任者。三菱商事にて同社英国金融子会社、三菱商事UBSリアルティ代表取締役社長、同社執行役員 産業金融事業本部長、同社常務執行役員 新産業金融事業グループCOO等を歴任。その間、投資信託協会理事、不動産証券化協会(ARES)国際委員長等を歴任。東京大学法学部卒、ペンシルバニア大学経営大学院(ウォートン校)MBA取得。

副会長・理事

金田 欧奈 KANEDA Ohna

ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社
代表取締役社長

デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)入社後、戦略ファイナンス事業部にて、M&Aコンサルティング業に従事。2006年にベーシック・キャピタル・マネジメントに参画後は、事業承継、カーブアウト、事業再生支援、ベンチャー企業の成長支援等、様々な課題を有する企業の投資及び経営支援を主導。製造業(自動車関連、食品、日用品等)、小売・外食、サービス業(知財管理、翻訳通訳)、農業、フランチャイズチェーン等幅広い業種での経営経験を有する。
東京工業大学工学部化学工学科卒、米国公認会計士。

理事

加笠 研一郎 KAGASA Ken

MBKパートナーズ株式会社
代表取締役/パートナー

MBKパートナーズ東京オフィスパートナー。あさひ銀行(現りそなホールディングス)、ゴールドマンサックス証券会社を経て、2009年よりMBKパートナーズに参画。東京大学法学部卒業。コロンビア大学経営学修士

理事

樫山 雄樹 KASHIYAMA Yuki

J-STAR株式会社
パートナー

2014年2月、J-STARに入社。Score Japan Holdings(国際航空物流)、八千代ケアサポート(福祉用具レンタル)、アーキ・ジャパン(建設技術者派遣)、ジェネックス(ジェネリック医薬品卸)、白雪(生活雑貨企画製造販売)、MWTホールディングス(オーディオ機器製造)、中井工業(蒸着・コーティングメーカー)、サンスマイル(化粧品・美容雑貨企画販売)、国上精機工業(自動車部品製造)、プリマジェスト(イメージソリューション事業)、東海トリム(自動車シート製造)等の12社(追加買収を含め21社)に対して、投資実行及び経営支援を行う。海外でのベンチャー創業、中小企業への経営参画、大企業向けコンサルティング等を通して培った経験を活かし、様々なステージにある投資先企業の経営課題に対して経営陣との協業による解決に取り組む。
J-STAR参画以前は、欧米のVC・事業会社、及び米国・チリ政府からの資金調達により、米国及びチリにてバイオテクノロジー会社を創業・経営。
それ以前は、ボストンコンサルティンググループにて、消費財・ハイテク企業等における戦略立案・実行支援等の各種プロジェクトを手がけ、”BCG Japan Consultant of the year”を授賞。
カリフォルニア大学バークレー校(MBA)、東京大学工学部卒業。

理事

清塚 徳 KIYOZUKA Megumi

CLSAキャピタルパートナーズジャパン株式会社
代表取締役社長

CLSAキャピタルパートナーズジャパン株式会社にて投資活動全般を 指揮すると共に、投資先の取締役に就任し投資先を支援。 CLSAキャピタルパートナーズジャパン入社以前は、カーライル・グルー プのディレクターとして、主に消費財・ヘルスケア・化学業界等のMBO 投資を担当。それ以前は、三菱UFJ銀行に16年間勤務、日本や東南ア ジア諸国にてM&Aアドバイザリー業務や、シンジケートローンアレン ジ業務に約10年間従事。 滋賀大学経済学部卒 カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス MBA取得

理事

 平野 博文 HIRANO Hirofumi

アジア地域プライベートエクイティ共同代表
KKRジャパン代表取締役社長

2013年4月にKKR入社。KKRのアジア・プライベートエクイティ投資委員会およびアジア・ポートフォリオ・マネジメント委員会のメンバーも務める。KKR入社後はパナソニックヘルスケア、Pioneer DJ、カルソニックカンセイ、日立工機、日立国際電気の投資案件を率いた。KKR入社前は、米系ターンアラウンド・コンサルティング会社のアリックスパートナーズアジアLLCでアジア地域ファイナンシャル・サービス統括、及び日本代表を務め、日本航空や海外M&A案件のPMIに従事した。それ以前は1999年から2006年まで日興プリンシパル・インベストメンツ会長として英国・日本を中心に7,000億円以上の投資を行った。その間、日興コーディアル取締役の他、西武ホールディングス、ベルシステム24、スタイリングライフ・ホールディングス(ソニーのリテール事業のカーブアウト案件)、タワーレコードジャパンなどの投資案件に関わり、これらの会社の社外取締役も務めた。
慶應義塾大学卒、シカゴ大学ブース・ビジネススクールにてMBA取得。

理事

 福﨑 昇平  FUKUSAKI Shohei

株式会社丸の内キャピタル
取締役 チーフインベストメントオフィサー マネージングディレクター

㈱日本興業銀行入行後、融資、経理業務に従事。2004年より日本産業パートナーズ㈱にて、大企業の事業戦略見直しに伴うカーブアウト案件や非公開化案件を担当、2007年よりゴールドマン・サックス証券㈱戦略投資部ヴァイス・プレジデントとして複数の投資案件に従事
2009年1月より丸の内キャピタルに参画後、2019年に投資委員に就任し、全投資案件の重要な意思決定に関与。2022年12月より取締役CIOに就任
一橋大学商学部卒業

理事

 三井  麻紀  MITSUI Maki

Carlyle Japan Equity Management LLC

カーライルのマネージング ディレクター、パートナー。 2002年に入社し、国内外のプライベートエクイティ、インフラストラクチャー、不動産、プライベート クレジット、航空機ファイナンス等の広範な商品を国内投資家へ紹介するインベスター・リレーションズ担当。 同業務に従事するCarlyle Japan Equity Management LLCの日本における代表者。
25年超にわたりプライベート資産関連業務に従事しており、1997年より在籍したメリルリンチ日本証券(当時)においては、オルタナティブ資産のプレースメント業務を投資銀行部門内に立ち上げ、世界有数のマネージャーを国内機関投資家に紹介。 それ以前はCSファースト・ボストン証券(当時)の東京及びニューヨーク事務所において外国株式営業に従事。
慶應義塾大学法学部政治学科卒。 一般社団法人 ソーシャル インベストメント パートナーズ アドバイザー。

三村 智彦 MIMURA Tomohiko

エンデバー・ユナイテッド株式会社 
代表取締役

2002年にフェニックス・キャピタル株式会社の設立に参画し、投資担当取締役として事業再生を中心とする多くの投資案件に携わる。2008年より同社代表取締役。2013年にエンデバー・ユナイテッド株式会社を設立し、事業承継、コーポレートカーブアウト、事業再生など様々な分野への投資を推進中。投資ファンド業務に従事する以前は、三菱UFJ銀行の投資銀行部門に在籍。1991年東京大学工学部卒。

監事

岡 俊子 OKA Toshiko

株式会社岡&カンパニー
代表取締役

1986年に等松・トウシュロスコンサルティング㈱(アビームコンサルティング㈱およびデロイトトーマツコンサルティングの前身)に入社。
その後グループ内移籍等を経て、株式会社岡&カンパニーでは、M&A戦略や経営戦略の策定支援、M&Aのディール支援、ポストM&A(PMI)のコンサルティングサービスを提供。
明治大学MBA(グローバル・ビジネス研究科)専任教授。ソニーグループ株式会社社外取締役、株式会社ハピネット社外取締役、日立建機株式会社社外取締役、ENEOSホールディングス株式会社社外取締役、株式会社産業革新投資機構(JIC)社外取締役。
著書は、「資本コスト」入門、「子会社売却」の意思決定(いずれも中央経済社)など。
一橋大学卒業、米国ペンシルベニア大学ウォートン校MBA。

監事

杦山 幸功 SUGIYAMA Yukinori

シーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン
代表取締役 日本共同代表 パートナー

P&G及びGEで、約11年間、経営企画、マーケティング、ロジスティックス等の業務に従事し。2006年よりプライベート・エクイティ業界に転身し、アドバンテッジ・パートナーズ、シーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン(CVC)にて、投資を主導。20年代表取締役 日本共同代表 パートナーに就任。特に、事業承継に注力しており、消費者向けビジネス、B2B/B2Cサービスにおいての様々な投資とバリューアップを実行。

大阪出身、1994年東京大学教養学部卒業、1996年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了

PAGE TOP